プロフィール

SACHI(布施祥代)
虹の雫 SACHI∞YOGA Time&Space主宰

◇ヨガ・SUPヨガインストラクター

◇Ocean Flow Yoga(SUPヨガ)考案者 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

\海(自然)とヨガ/

幼い頃から太陽・動物・植物・裸足…と自然が大好きで、畑や田んぼを駆け回ったり木登りしたり自転車で遠くまで行ったり…自然の中で思いっきり遊んで過ごす。

 

中・高は陸上部で部活に没頭。「運動」と「健康」に関心が芽生え、進んだ先の日体大で「ライフセービング」と「キャンプ」に出逢い、それぞれの活動から「自然」と「命」について学びを深めていくうちに“競技(人と競う)”ことへの興味が薄れていく。 当時はまだ原因不明の体調不良にたびたび襲われ、やる気はあるのに身体が追い付かない…と言うちぐはぐな状態が多々。そのことから、周りのトップアスリートや元気いっぱいの仲間たちと自分を比べてはだんだんと自信がなくなり、「自分らしさ」を失っていく。

 

2000年/海の恩師:豊田勝義先生が立ち上げたJr.ライフガードプログラムのスタッフを担当したことをきっかけに、この上ないほどの海の美しさや素晴らしさ、楽しさを魂で実感。ご縁と直感のまま沖縄本島や離島に移り住み、リゾートホテルに勤務。ライフガードをはじめ、ビーチスタッフとしてシュノーケリングツアーや船のクルー、フロント業務からツアーの手配に送迎、客室など…本当に様々な業務を経験。引き続き体調が不安定ではあったが、仲間たちや環境にも恵まれ、このご縁はかけがえのない宝物となる。

 

2003年/一週間の内に祖父母が立て続けに亡くなった後、沖縄へ帰る飛行機の中から体調が急変。そのまま夜間救急に駆け込み不整脈が発覚。意識がもうろうとする中、三途の川を見る。あちらの世界で微笑んでいる祖父母に「ごめんね、まだいけないの」と言いながら、涙を流して目が覚める。きっと二人が病気のことを知らせてくれたのだと理解。この後しばらくは動悸や息切れなどの症状に悩まされることになるが、苦しむ傍ら、幼い頃から続いていた謎の不調の原因が解り安堵する。カテーテルが心臓に通り、改めて心臓の在りかを知る。大きな転換期。

 

2004年/心身のバランスを崩し鬱と診断。たくさんの薬を処方され、副作用にも苦しむ日々。嫌でも脈と鼓動に向き合うことになる。そんな中、ヨーガに出逢う。初めて受けたレッスンで「これだ!私が今までやってきたのはこれだったんだ!そうだ、これを伝えていこう!」と強く直感。友永ヨーガ学院は友永淳子先生の指導に感銘を受け、師事。 2009年/ヨガの聖地、インドはリシケシにあるシヴァナンダアシュラムの研修旅行に参加。何かが大きく変わり始める。学び続けていくうちに、気づけば自然と呼吸も心も楽になり、少しずつ自分らしさを取り戻し、喜びが増えてていく。「あぁ、これでいいんだ」と腑に落ちることばかり。

 

2010年/地元湘南でレギュラークラスをスタート。Duncan Wong先生のYogic Artsとセンセーショナルな出逢い。今までに体感したことのないヨーガのメソッドに始めは驚くが、先生の下で1年間みっちり修行。自分の中に眠っていた「野性性」が目覚め始める。 

  

猫が居心地のいい場所を知っているように

鳥が実の熟したおいしい時期を知っているように

波が寄せては返すように

月が満ちてはかけるように

太陽が昇っては沈んでいくように…

 

~人間も自然の一部~

 

そう、私たちも本当は知っているはずなのですが、やることや考えることが多すぎて忘れてしまっているだけなのです。自然と共に生き(息)ヨーガを実践し続けることで、「思い出す」のと同時に「新しい気付き」が生まれます。

 

私たちは無意識のうちに呼吸をしていますから、その呼吸の質を変えることで様々なことが好転します。バランスが良くなり、五感六感が冴え、生活が変わり・・・ついには人生をも変えてしまうのです。SACHIも人間ですから、課題も色々ありますしイライラ・クヨクヨすることだってありますが、そういう時は呼吸に意識を向けています。それだけで心が穏やかになるのが解るのです。

 

~呼吸が変わると 人生が変わる~ 

 

 

現在も色々な流派のヨガを学びながら、先人達の伝統的な叡智と素晴らしい先生方の教えを元に、流派やポーズにとらわれないレッスンを行っています。アーユルヴェーダや自然療法の知恵、季節やお天気など暦のリズム(地球暦)なども取り入れ今・ここにフォーカスし、ベースを調えていきましょう。

 

また、自身の経験を元に、元気な方はもちろん、何らかの不調をお持ちの方の「ハートに寄り添ったクラス」が好評。レギュラークラスをはじめプライベートクラス、高校ヨガや企業ヨガ、その他イベントやWSなど多数。2016年からは、念願だった春分/久高島リトリート、2017年には冬至/下田リトリートをスタート。

 

 

\SUPヨガ/

また、その後も公私共に沖縄に通い続けており、レスキューボードの上でヨーガをしたことが現在のSACHIの「SUPヨガ」の前身です。10年以上前にロングボードからSUPへと変わり、朝一の鏡のようなベタ凪の海で、海亀に祝福されながら一人行った水上のヨーガが最幸に気持ちよくて感動し、涙がこぼれました。この時「Ocean Flow Yoga」が誕生します。

 

この気持ちよさを多くの方にシェアしたいと直感し、仲間たちのサポートの下イベントを開催。現在は、活動の幅を広げSUPヨガ指導者養成講座の講師や都内や千葉のフィットネススパ(プール)でレッスンを担当。水のゆらぎで楽しく体幹を鍛えると同時に、深い寛ぎと癒しのリラクゼーションをお届けしています。

 

◇Studio+Lotus8主催指導者養成講座/担当講師

◇雑誌YOLO/SUPヨガアーサナ監修

◇ヨガフェスタ

◇リトリート/イベント主宰・担当

 ◇フィットネススパSUPプログラム考案など

 

 

\これからのHappy Mission/

情報や物に溢れる世の中。

 

確かにスピーディーで便利ですが、同時にストレスが生じることがあったり、「待つ」ことができなくなったり…それらに合わせようとするとやはり無理が出る。結局疲れてしまうわけです。

 

既に多くの方が気付いているように、私たちは「Slow down」「原点回帰」する必要があると感じています。 

 

とは言え、なかなか全てを手放すのは難しい状況や環境がありますよね。

 

そこで、まずはベースを調えること。私たちの大きな助けになるのがヨーガ、そして自然界のリズム(暦・地球暦)だと考えます。まずは、今・ここを感じてヨーガで自分自身の身体・呼吸・心を調えること(調身・調息・調心)。そして自然界のリズムを感じて「今、一体自分がどこにいるのか?」を確認すること。ベースが調うだけで、日常のあらゆる物事が驚くほどに快適になっていきます。

 

ヨーガをした後、私たちはまるで何か思い鎧を脱ぎ捨てた様に思考も身体もスッキリしますよね?「ふ~っ」って安堵のため息も出ちゃいます^^

 

まずは自らをハッピーに。そしてそのハッピーバイブレーションが、あなたの家族や仲間に広がり、そこから更に広がり広がり…∞…世界…地球…宇宙…へと繋がっていくこと(※)を信じています。

 

※ ヨーガの語源でサンスクリット語の「yuj/ユジュ」と言い、「軛をつける」「繋ぐ」「結ぶ」の意

※軛=くびき、馬や牛と荷台をつなぐもの

 

SACHIのHappy Missionは、ヨガ・SUPヨガなどの活動を通してみなさんの心に虹が架かる様な…そんな一粒の雫(気付き・きっかけ)を用意することです。そしてみなさんの毎日が輝き、虹色の人生へと繋がる様全力でお手伝いします♡

 

共に人生を味わいましょう!

祥あり 心豊かな旅を!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

\レッスン情報/

◇ecomo(辻堂)

◇BEST STYLE FITTNESS(新浦安)ーSUP

◇BEST STYLE FITTNESS(銀座 ※まもなく)

◇ululani(小田急相模原)

◇insea湘南(※調整中)ー溶岩ヨガ

 

\資格/

・RYT200/全米ヨガアライアンス認定講師

・Under the Light Yoga School/200時間全課程修了

・友永ヨーガ学院/第82回断食講座修了

・Yogic Arts/Level.1 TTC修了

・(社)日本ホリスティックヘルスケア協会/ヨガ安全指導員

・NPO法人ウォーターフィットネス協会/P-fit SUP FITNESSアシスタントインストラクター

 

・JAPA認定アーユルヴェーダアドバイザー

・AEAJ認定アロマセラピーアドバイザー

・JAMHAメディカルハーブ検定合格

・(社)日本フィトセラピー協会ハンドケアセラピスト

・バッチフラワーレメディー講習回修了

・臼井式レイキ

 

・日本赤十字社/ベーシックライフサポーター

・日本赤十字社/救急法救急員

・藤沢市消防局/上級救命講習修了

・日本ライフセービング協会/ベーシックライフサポーターなど